logo

株式会社
中川バイト製作所

画像

よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよくいただく質問を掲載しております。

削工具の切れ味がすぐに悪くなるのですが、どうしてでしょうか?

原因は主に刃こぼれと摩耗です。いずれの場合も、硬度や刃角度の調整が効果的です。
また、コーティングなどの手法で寿命を延ばしたり、被加工品に合わせたツールをオーダーメイドで製作したりする方法もございます。

削道具の寿命を延ばすにはどうすれば良いですか?

まずは切削速度を低速にするのがおすすめです。それに加えて、コーティング加工をするとさらに効果的です。性能向上が見込める他、寿命の延長と高速加工が可能になります。

ローアウェイチップとは何ですか?

旋盤やフライス盤といった機器で金属を加工する際に使われる刃物です。
正式名称を刃先交換チップと言い、その名の通り交換が容易にできるのが特徴の切削工具です。

削工具について、具体的なコストダウンの手法にはどのようなものがありますか?

お客様のご使用状況によって手法は異なりますが、一般的には以下のような対策が挙げられます。
  • 材料厚みを規格品に合わせる
  • 工具の材質をグレードアップし長寿命化を図る
  • 使用後に刃先を確認し、最適な方向性を探る

粉の排出に悩みがある

切粉の排出の悩みの多くは切削条件とブレーカー形状の変更で対策が可能です。
送り、切込みを高くすると切粉は短く切断され、逆に小さくすると切粉は長くなります。
切削条件変更により時間コストが上がってしまう場合はブレーカー形状を変更する事で解決できます。
溝底R、コーナーR、横切れ刃角を大きくすることで、切粉の切断を長くすることが出来ます。
切粉の排出させる方向等も溝底Rやリード角等を用いて誘導する事が可能です。
細かい調整はぜひ当社までご連絡ください。

お電話からのお問合せ
052-354-2211

WEBからのお問合せ
お問合せフォーム